傷痕 | 男性コンプレックスを解消して自信を持つ|男の一大決心

男性コンプレックスを解消して自信を持つ|男の一大決心

傷痕

包茎手術をするのが怖いと思っている男性は多いです。しかし、包茎や包茎手術に関する知識を持っておけば、不安を取り除くことができますし、包茎を治せるという希望が湧きます。ですから、包茎手術を考えている人は、まずは知識をつけることが大切です。インターネットなどで包茎の知識を学ぶことができますし、包茎手術をしているクリニックを探すこともできます。

包茎手術の不安要素の1つとして、傷痕があります。男性器という大切な部分に傷痕を残したくないと思う男性は多いです。しかし、包茎手術のほとんどは切開や縫合ですから、基本的に傷痕は残ってしまいます。一昔前までは、縫合した箇所と陰茎の色がまったく違うため、傷痕は目立っていたのですが、現在では目立つような傷痕は減少しています。傷痕が残ると言っても、目立たない程度の物なので大きな心配をする必要はありません。包茎手術の種類は様々ありますが、手術の種類によっても傷痕の見え方は異なります。全く傷痕を目立たなくしたい場合は、亀頭直下埋没法が良いです。この手術法は、傷痕が亀頭のすぐ下に隠れるので、勃起していない状態の時は全く目立ちません。傷痕が残ることに心配している人は多いですが、目立たない物なので恥ずかしい物ではありません。他にも、傷痕が目立たない手術法はあります。