男性コンプレックスを解消して自信を持つ|男の一大決心

費用と保険

包茎で悩んでいる男性は少なくありません。相談しづらい悩みですから、友達や家族に相談できずに1人で悩んでいる人も多いです。包茎手術をすることによって、その悩みから解放され、自分に自信を持つことができます。包茎手術をする場合は、知識を持って望むことが大切です。包茎手術は、保険が適用される手術と、適用されない手術があります。真性包茎やカントン包茎を治す手術の場合は、健康保険が適用されます。そのため、20,000円~30,000円程度の費用を抑えることができます。ただ泌尿器科で健康保険が適用される条件下で行われるのは、背面切開法のような包茎の程度を軽くする程度の手術です。この程度の包茎手術は、完全に包茎を治すというよりも、仮性包茎の状態まで持ってくるのが限界になります。完全に包茎を治したい、治療の場合は、保険が適用されない手術をしてもらうか、クリニックに行く必要があります。完全に包茎を治せる手術は、亀頭直下法や根部形成法などがあります。

完全に包茎を治すことができる手術はありますが、その手術は費用が高額になるケースがほとんどです。その理由は、このような手術は自由診療だからです。自由診療の場合、治療費や手術費は医療機関側で決めることができるので、費用が高額になることがほとんどなのです。相場としては、100,000円~300,000円程度です。クリニックの中には、相場よりも安い価格で提供しているところもあります。しかし、そのようなクリニックでは古い手術方法で行っていることもあるので確認する必要があります。また、広告などでは安い料金で謳っていて、実際に手術を受けたら費用が高額だったり、説明も無く後から追加料金を請求されたりするなどのトラブルもあるので、知識を持って手術をすることが大切です。